友達がすくないけど、いつも何とか生活してる私のブログです。


by rhythm-black

久々に太い声です。

最近、こんな風に低い声の方が、よく出てくるようになりました。
私としては、カラオケで歌えないので
避けてるんですが…聞く分にはいい曲なので紹介します。(^^)

今回紹介するのは中村 中(なかむら あたる)です。
現在21歳のシンガーソングライターの彼女。
私と同じように小さい時から歌に親しみ、
歌う事以外にほとんど興味を示さなかったそうです。
でも、自身の声に違和感を感じ出した10代初めに
人前で声を出すことを嫌い、
その反動をピアノにぶつけたことが音楽の始まりに。
以降、独学で身につけたピアノで
15歳から作詞・作曲をし始めたそうです。

私はピアノが弾けないので、作曲は出来ません。(>_<)
でも、私も彼女と同じように10歳ぐらいで
「おばちゃんの声」と言われていました。
…実はただ単にその頃から歌声で歌ってたんです。
普通の小学生は地声でしか歌えないのに、
私だけが歌声なのでおかしいと思われただけなのです。

視聴できたので、彼女の歌を聴いてみました。

e0091429_1958640.gif


曲は2005年6月発売された自主制作盤「友達の詩」。
これ、2006年9月にニューシングルとして発売されるんです!
静かな曲で、声の太さがまた曲を深めているような感じがします。
多分彼女はアップテンポよりこういったスローテンポの方が
声質に合ってるし、声のスピードにも合ってると思います。
それに言葉がよく聞こえるので、
アップテンポではもったいないと思います。

彼女はデビュー前の時点での楽曲数が100を越えるそうで、
岩崎宏美さんに曲を提供したりもしています。
でも、デビュー曲の題名が「汚れた下着」って…。(*^^*)
[PR]
by rhythm-black | 2006-08-04 19:58 | 音楽