友達がすくないけど、いつも何とか生活してる私のブログです。


by rhythm-black

ドレミファソ、ラファミレド♪

この題を見てすぐに何か分かった方は、
相当TVを見てる方だと思われます。(^^)♪
実はヤマハの音楽教室のCM曲なんですよ…。

そのヤマハに英語教室があったとは、驚きです!
しかも今年で20周年…。
どう考えたって、私もお世話になってもいいぐらい
古い歴史があります。(^^ゞ
そのヤマハ英語教室では、現在秋の体験キャンペーンを実施中です。

e0091429_198524.gif


まだ梅雨も明けきっていないと言うのにもう秋?!
って感じですが、教室参加や入会で、
映画「森のリトル・ギャング」グッズ各種があるんですって。

「森のリトル・ギャング」は、「シュレック2」と「マダガスカル」の
ドリームワークスが手掛けるアニメーション映画最新作で、
8/5より全国ロードショー公開です。
だから誰よりもいち早くグッズが欲しい人は要チェックです。

e0091429_1934976.gif


ヤマハ英語教室はお子さんの年齢・成長に合わせた
きめ細やかなコース分けで安心して通えます。
しかも全国に約1,400校あって自宅の近くの教室に通えます。
年齢は1歳から小学6年生までなら、どの年齢からでも学べます。
それにヤマハと言えば「音楽」と思いつくぐらいですから
ヤマハオリジナルソングなどの多彩なプログラムで
楽しく生きた英語が身についちゃいます。
これならお子さんに
「もう行きたくない…。」(ーー;)
なんて言われたりしないと思います。

私は職業上、たくさんの小学生・中学生と出会います。
子供たちは全員、幼稚園から英語の授業があり、
週に1回ぐらいは英語の先生として外人さんに
英語を教わっています。
もちろん日本語はほとんど話しません。
英語で行われる授業です。

ところが、中学生になると学校に英語の先生が常時居るのに
全く英語を理解できないし、話せないんです。
これはおかしいと思いませんか?

私達の頃は中学生からしか英語がなかったし、
外人の先生が来たのは中学3年生からだったから
あまり長い期間、英語とは接していません。
でも、私はある程度の英語は単語ででも話せるし、
理解できるし、意思の疎通は出来ています。
でも、現在英語に接する機会はかなり少ないし、
大学時代は全く英語と接していないので
忘れていてもあたり前の話だと思ってました。

それでも外人さんに道を聞かれたり、
電車の中で次の停車駅を教えたりする事がよくあります。
で、身振り手振りで教えてあげるんです。

グアムに行った時の話です。
DFSギャラリアでレストランの割引券をGET。
それを持ってレストランで食事したのは良かったのですが、
割引券は先に見せなきゃいけなかったんです。
でも私は忘れてて、会計のときに見せました。

店員「最初に見せてくれないとダメなんだよ。」
「そこをお願い!ね?」

とまぁこんな会話を私はほとんど日本語で話しました。(^^ゞ
もちろん店員さんにOKしてもらって
割引してもらいました。

グアムは日本語が通じるから大丈夫なんですが…。
こういう会話を色んな所でしている私。
英語をきちんと会話として話せるのも大事です。
でも文法として覚えるのではなく、
英語は英語として覚える事をオススメします。

「アップル」は「りんご」ではなく「アップル」です。
「ペン」は「鉛筆」ではなく「ペン」です。
「ムーン」は「月」ではなく「ムーン」です。

こうやって覚えていくと、きちんとした英語を覚えられます。(^^)♪
[PR]
by rhythm-black | 2006-07-14 19:34 | 音楽